網膜硝子体疾患、最新の白内障手術なら札幌中央区の眼科 おくしば眼科へ

〒060-0011
札幌市中央区北11条西14丁目1-1ほくやくビル2F
診療時間土・日・祝
9:00〜12:00
14:00〜17:00手術-

ご予約はこちら 011-707-8181 011-707-8186

当院について

おくしば眼科

〒060-0011
札幌市中央区北11条西
14丁目1-1 ほくやくビル2F
(1Fにパルス薬局がございます)

011-707-8181 011-707-8186

アクセスの詳細を見る

診療時間
9:00〜
 12:00
14:00〜
 17:00
手術-

※土日祝は休診となりますので、ご了承ください。

診療のご案内

当院について

おくしば眼科の特徴

網膜硝子体疾患が専門です

網膜硝子体疾患

私は、札幌医大眼科で、加齢黄斑変性の治療と研究に携わってきました。現在、加齢黄斑変性の脈絡膜新生血管の診断に欠かせない、インドシアニングリーン蛍光造影(IA)に草創期から携わり、その後光干渉断層計(OCT)の発達により、飛躍的に診断が進歩しました。

さらに、当クリニックでは、造影剤を使わなくても網膜血管像が描出できる、患者様にやさしい、OCTangipgraphyを導入しています。

最新の白内障手術

白内障手術は、手術機器、眼内レンズの進歩とともに、発展してきました。
市立札幌病院勤務時、早くより、極小切開無縫合手術に取り組んできました。最新の手術機器で、患者様にやさしい極小切開での手術を提供します。乱視の矯正が可能な、トーリック眼内レンズにも対応いたします。

電子カルテによるデータの管理、予約システム

市立札幌病院眼科と同じ、TOPCON社の電子カルテシステムを導入しています。受付から、検査、診察、精密検査、治療、薬処方、予約、会計とクリニック内のネットワークですべてが迅速に連携しています。患者様の大切なカルテ、検査データを、責任をもって管理していきます。

予約について

できるだけお待たせせずに診療したい、これは市立札幌病院、大谷地共立眼科勤務時に願ってきたことです。特殊な検査、治療を必要とする方もたくさんいることから、予約システムを導入しています。予約外の診療も、もちろん行っています。症状が急に変わった時などは予約がなくても受診可能ですので、ご安心ください。新患の方も、電話などで予約をお取りしていますが、予約なしで直接来院されても診療しています。

患者様が気持ちよく過ごせるクリニック

気持ち良く過ごしていただけるよう、エントランス、待合室は、明るい色合いにしました。心地よいクラシック音楽が流れています。待合室の画面からは、病気の説明の間に、我が家のガーデニングの様子、ペットなどが顔を出します。
誰でも病気の宣告、治療の継続はつらいものです。なぜ私が病気に、誰もが思うことです。もし、おくしば眼科で、ちょっとでも笑顔になっていただけたら、スタッフ一同嬉しいです。

医師とスタッフの連携

医師とスタッフが連携していく上で、スタッフも気持ちよく過ごしてもらえるように、スタッフ間の連携がスムースにいくように、と考えました。
市立病院時代には、私もスタッフもあまりゆっくりと昼食をとれませんでした。視能訓練士は、昼食を食べる場所も充分ではありませんでした。というわけで、1年前からスタッフと一緒にヘルシーランチが食べたい(健康のため)と思い、様々な方たちにご協力をお願いしてきました。その結果、ブライアンブルーさんにヘルシーランチの提供をしていただくことになりました。

市立札幌病院と密に連携します

市立札幌病院眼科勤務は継続します(毎月、月末の木曜日午後予定)。入院の必要な方、全身麻酔が必要な方などの手術は、市立札幌病院の開放病床を用いて行うことができます。

特殊なレーザーを用いた治療(光線力学的療法PDT、経瞳孔温熱療法TTT)は、市立札幌病院にて行うことができます。

Copyright(C)okushiba_eyeclinic_All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ