おくしば眼科

TEL

診療内容

診療内容

診療内容

網膜硝子体疾患が専門です

網膜硝子体疾患

私は、札幌医大眼科で、加齢黄斑変性の治療と研究に携わってきました。現在、加齢黄斑変性の脈絡膜新生血管の診断に欠かせない、インドシアニングリーン蛍光造影(IA)に草創期から携わり、その後光干渉断層計(OCT)の発達により、飛躍的に診断が進歩しました。さらに、当クリニックでは、造影剤を使わなくても網膜血管像が描出できる、患者様にやさしい、OCTangipgraphyを導入しています。

加齢黄斑変性糖尿病網膜症網膜静脈閉塞症強度近視に伴う脈絡膜新生血管などの治療には、抗VEGF薬による治療が導入され、視力の維持ができるようになってきました。しかし、必要とする患者様はとても増えており、市立札幌病院では予約が先になることも多くなっています。当院では、遠方から通院する患者様の診断、治療を当日のうちに、できるだけお待たせせずにできる体制を作っています。

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などのレーザー光凝固治療は、従来のものより痛みの少ない、マルチスキャンレーザーを用いて、短時間の照射で治療が可能です。

黄斑円孔、網膜前膜、硝子体出血、増殖糖尿病網膜症、網膜剥離などで硝子体手術が必要な方は、市立札幌病院と連携して治療を行っていきます。

  • 緑内障

    緑内障の患者様の視野障害の経過を見やすく提示でき、解析できるソフトを導入しています。視野検査の結果がよりわかりやすく説明できるようになりました。糖尿病網膜症に続発した血管新生緑内障、ぶどう膜炎に続発した緑内障などにも対応します。

  • その他

    白内障、ぶどう膜炎、ドライアイ、角膜疾患、結膜疾患、眼瞼下垂、眼鏡作成など 眼科一般の診療を行っております。お気軽にご相談ください。

  • ロービジョンケア

    緑内障や網膜疾患(網膜色素変性症、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症など)のために視力低下、視野障害の進行した方、病的な羞明(まぶしさ)のある方などのご相談、治療を行うロービジョン外来を予約制で行っています。