おくしば眼科

TEL

院内のご案内

設備の紹介

設備の紹介

ハイブリッド視力表 VC - 60

最新式5m液晶型視力表です。巨大なスマートフォンの形をしております。 字づまり、字ひとつ表示が可能で、今までにない視力表です。背景色も容易に切り替えることが可能で、精密な液晶パネルにより視標精度や明るさなども向上しております。

オートレフケラト/ トノ/パキメータ TONOREF Ⅲ

眼圧、屈折、曲率半径の機能を1つの装置に搭載し、患者様の移動の負担をなくし快適な検査が可能です。進化した空気圧自動停止機能により、余分なエアーを抑えられているため、目への負担が緩和されました。

オートレンズメーター LM - 1800P

眼鏡の度数や、ハードコンタクトレンズの度数を測定する器械です。

細隙灯顕微鏡 スリットランプ SL130

医師が眼の状態をくまなく確認するための、眼科の診察用顕微鏡です。眼の前面の涙や角膜の状態から、後面の網膜の状態まで広く観察できます。

診断機器

光学式眼軸長測定装置 OA - 2000 AL - 4000

白内障手術をより精密に、様々な患者様に対応できるよう、光学式眼軸長測定装置と超音波Aモードによる眼軸長測定装置をそろえました。

超音波画像診断装置 UD - 8000

進んだ白内障や硝子体出血などで眼底が見えない時に超音波Bモードを行います。硝子体から眼球までの広い範囲で、高分解能の超音波像を得ることができます。

ハンフリーフィールド アナライザー3 HFA3 840

従来のHFAに先進のITテクノロジーを取り入れ、視野検査の更なる効率化、スピードアップが可能になりました。当院ではHFAの解析ソフトを導入しており、視野検査の結果、経過をわかりやすく示すことができます。

プロジェクション ペリメーター MT-325UD

ペリメーターは視野検査の基本で、緑内障の初期から進行期まで、網膜色素変性症などの網膜疾患、視神経疾患の診断を正確に行えます。

オート無散瞳 眼底カメラ AFC - 330

短時間で簡単に網膜の状態を評価できます。 散瞳(瞳孔を拡げる点眼処置)を行わない状態でも検査が可能です。

造影剤を使わずに 血管の検査ができる 光干渉断層計 RS - 3000 Advance

光干渉断層計(OCT)の発達により、緑内障、網膜ガラス体疾患の診断が飛躍的に進歩しました。当クリニックでは、造影剤を使わなくても網膜血管像が描出でき、患者様にやさしい、OCTangiographyを導入しています。

撮影光を緩和し、 患者さまの目への 負担を軽減 共焦点走査型 ダイオードレーザー 検眼鏡 F - 10

スキャンレーザー検眼鏡は従来の眼底カメラに比べ、撮影光による刺激を緩和し、かつ高画質な画像で確認できる眼底撮影システムです。加齢黄斑変性、糖尿病網膜症の診断に欠かせない機器です。

治療機器

レーザー治療の 負担を軽減する マルチカラースキャン レーザー光凝固装置 MC - 500 Vixi

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔など、多くの眼底疾患の治療に使用します。以前の機器より短時間の照射で治療が可能で、痛みが少ない患者様にやさしいレーザーです。

手術顕微鏡 OPMIVISU 160

高性能でよく見えると評判が高いZEISS社の手術顕微鏡(最上位モデル)を導入しております。確実で安全な、質の高い手術を提供するためには欠かせない機器の一つです。

眼科用 ヤグレーザ手術装置 YC - 1800

後発白内障の方に、特殊なレーザーで眼内レンズの後ろにある水晶体後嚢の濁りを除去し、再びよく見える状態に戻します。また一部の緑内障の方の治療にも使用します。

白内障手術機器 ホワイトスター シグネチャー

最新鋭の超音波白内障手術機器を導入しました。ベンチュリーポンプとペリスタルティックポンプの、二つのシステムを内蔵するデュアルポンプパックによって、より患者様に負担が少なく安全で確実な手術を行う事が可能になりました。
超音波チップの振動は従来の縦振動だけでなく、横振動を効率良く組み合わせるELLIPS FXテクノロジーにより、難症例などへの対応も可能です。

ネットワーク

眼科電子カルテシステム IMAGEnet eカルテ∨2

当クリニックでは、患者様重視の質の高い診療・サービスの向上を考え、眼科用電子カルテシステムを導入しております。 患者様一人一人の情報をデジタルデータで一括管理することで、「受付」→「検査」→「診察」→「会計」までの流れを正確かつスピーディーに行うことが可能です。診察時の画像データを比べることで、患者様にも術後の経過を分かりやすくご確認いただけます。